TraceMaster MultiX-Field Onboard

MultiXとのフルデータ互換を実現し、もっと手軽にしました。

光波にインストールするOnboardタイプで、間接縦横断に対応しています。光波以外現場に持っていくものがありませんので山中や急傾斜地での観測にはベストなシステムです。


主な特徴

【間接横断】

センターに据える、センター以外に据える 両方に対応しています

間接横断の2パターンに対応しています。

・野帳は自動記録、横断形状も確認できます

光波を測距させれば、野帳は自動登録します。目標高を入力し横断形状の確認まで光波の画面のみで確認ができます。



【間接縦断】

・任意位置に光波を据えて観測ができます

間接縦断の観測は、任意位置に光波を設置して、後視でBMを測定した後、前視で変化点、杭等を観測するだけです。 変化点等で追加距離が欲しい場合は、その区間を【距離】ボタンで観測すれば、点間距離を自動的に計算しSTA.NOが表示されます。また、観測途中でも、縦断の形状確認が行えます。

・区間距離の格差が確認できます

現場で観測途中でも、往路、復路の格差の確認ができます。

【SIMAへ出力】

・2種類のSIMAへエクスポート

観測した野帳データは、SIMA形式でUSBフラッシュメモリーに保存し他システムで活用することができます。

野帳は以下の2種類の形式で保存が可能です。

・野帳(水平角、鉛直角、斜距離のデータ)
・LH(センターからの距離と比高に計算したもの)

【TraceMaster MultiXとフル互換】

・現場データをTraceMaster MultiXへインポート

MultiX-Field Onboardで作成した現場データは、TarceMaster MultiXとフル互換です。
MultiXの縦横断オプションがインストールされていれば、現場データをUSBフラッシュメモリーに保存しTraceMaster MultiXで開けば、備考で入力した構造物も反映され、縦断、横断図化まで一連で作業が可能です。

対応機種

トプコン製   ソキア製  
GTシリーズ
PSシリーズ
OSシリーズ
iⅩシリーズ
SXシリーズ
FXシリーズ