HOME > 製品ラインナップ > 地形図作成システム > TraceMasterMultiX Select > TraceMasterMultiX64
TraceMasterMultiX
使いやすさをそのままで、大容量データ処理の準備が整いました。
TraceMasterMultiXは従来の32bit版でも十分な操作速度とデータ容量が扱えることを特徴としておりましたが、
昨今のICT技術の普及により、計測機器で取得するデータの大容量化、また、新型のコンピュータも全てOSが64bit
標準が当たり前になっています。
しかしながら現実では、32bitと64bitが混在している状況で、今までの操作性を変えず、また、データや各種条件を
そのままに64bit対応するべくエンジンコアの開発を進めてまいりました。

TraceMasterMultiX64は、32bit版と画面回り、操作性、データ互換、プロテクトが全て同一でエンジンコアのみ
64bit化といたしました。これにより、ライセンスを増やすことなく使用権だけの取得で使用することが可能になり
ました。

TraceMaster MultiX

主な特徴
画像データの容量アップ
tiff、bmp、jpgで今までの240%以上(当社比)の大容量画像データをインポートすることが可能になりました。
インポート後は拡大、縮小、画面移動など負荷がかかる操作でもスムーズな表示速度を実現しています。
これにより、要求精度を満たすものであればオルソを配置してトレースが可能になります。また、実測データと
重ねれば、道路内は実測で、道路外はトレースといった業務にも仕様が可能になります。
(下記のデータで1枚300MB以上のオルソtiffを40枚貼りつけています)

画像データの容量アップ
点群データの容量のアップ
地上レーザーやドローンで作られた点群データをインポートし、単点の抽出など幅広い使用が可能になりました。
点群を間引くことなくインポートできますので、細部の単点を取得することができます。実測データと重ねれば
取得が困難だった危険個所の単点を取得することも可能です。今までの560%以上(当社比)の点群をインポート
することが可能になりました。

点群データの容量のアップ
点群データから単点の抽出