HOME > 製品ラインナップ > 地形図作成システム > TraceMasterMultiX
TraceMasterMultiX
使いやすさを益々強化し、多彩な描画と電子納品を融合させました。
TraceMaster の流れを踏襲しつつ、新機能を満載し電子納品に対応しました。
あらゆる業務に対応する【Multi(マルチ)】・・・命名の由縁です。
データ構造を一新し、DM・SXF・DXFへ柔軟な対応を可能にしました。

TraceMaster MultiX

3Dデータ取得を視覚で確認できるよう【3Dビューワー】を標準装備しました。
3Dビューワ対応


主な特徴
DM・SXF・DXF・SAFを標準装備
DM
3D−DMに対応しています。もちろん間断区分、転位区分にも対応していますので、航測DMを忠実に表現し
ます。また、論理チェックも標準装備です。拡張DMまで含めて、作業規程通りのDMデータになっているかを、
色分けでビジュアル的に表示します。

DM対応

SXF
新たにLEVEL3までサポートしました。 TraceMasterのデータをインポートし、CAD製図基
準(案)のレイヤーに自動変換する機能も装備しています(DM属性が添付されているデータに限ります)。

DXF
入出力を強化し、3D-DXF、各バージョン対応、公共座標出力が可能となりました。

SAF
道路工事完成図等の納品成果データ SAFデータにも対応しています。

新しいレイヤー管理
TraceMasterでは難しかった、レイヤー管理を実現。図面単位の他に、図形単位など複合的なロック
機能でデータ作成を支援します。
リアルタイム作画
よりビジュアルな入力を・・そんなご要望にお応えし、作図中のデータをリアルタイムに表示。データ作成時に
方向のあるデータをリアルタイムに表示し、データ入力ミスを防ぎます。
CAD描画機能の強化
線分上に文字やマークを配置すると自動的に線分がカットされて表示されます。
(文字やマークを移動すると隠れていた線分が表示されます)
CAD描画機能の強化

法面作図を半自動化しました。また、描画も法高を1とし幅を合わせることで、法高が縮まれば間隔も狭くなる
描画が可能になりました。
法面の自動作成
法面の自動作図のイメージは、こちらのswfファイルでご覧下さい。 → nori.swf 


モードの切換で、直線⇒曲線⇒円弧と連続線分で描画することが可能になりました。
下図のような建物でも【直線】⇒【直線】⇒【円弧】とモードを切換えて連続で閉図形の作図が可能です。


GeoTiffに対応いたしました。複数枚の読込が可能で、透過モードになっていますので重ねて表示する事
が可能です。またラスター毎に色を変える事も可能になっています。
GeoTiff対応


jpeg形式のjpwに対応しています。カラーの航測写真を容量の軽いjpegで表示させます。jpwの座
標を読み取りますので連続で読込むと自動的に配置を行います。もちろん他ワールドファイル、GeoTiff
にも対応しています。
jpw対応


マルチウィンドウをサポートしました。最大8面まで、異なるデータを呼出し部分複写などの編集が行えます。
マルチウィンドウ対応


レーザー点群データに対応
地上レーザーの点群データをインポートし、ゴミデータを除去し、平面トレースを3Dで行ったり、点群データ
から横断を抽出したり(縦横断オプションが必要です)することが可能になりました。
また、TIN(三角網計算)も標準機能なので、画像のテクスチャー鳥瞰やDTMの3D表示を行うことができ
ます。


レーザー点群データをRGB色情報付でインポートします。インポート時にXY入換や縮尺、レイヤ設定が可能
です。
レーザー点群データの表示


インポートしたレーザー点群データは3Dビューワーで立体的に確認を行えます。
レーザー点群データの表示


レーザー点群データに、中心線を指示することにより、点群を指定幅で縦断方向に集約し、各断面毎に、不要な
点を範囲削除することができます。


3D平面トレースを、3Dビューワーからも行うことが可能になりました。2Dではわかり難い法肩や擁壁など
3Dビューで指示することができるので、正確な3Dデータとして設計に渡すことが可能です。
3D平面トレース


トレースした平面データは、3Dビューワーで、点群データと重ねて立体的に確認を行えます。
3D平面トレース


自動外周からTIN計算を完了すれば、3Dビューで地形の確認が行えます。背景に画像データを配置すれば、
テクスチャー鳥瞰を見ることも可能です。

標準機能のTIN計算を行えば、3Dビューワーで自動的にレンダリングされ、鳥瞰図確認を行えます。

背景画像をインポートすると、テクスチャー鳥瞰として、3Dビューワーで確認を行えます。

ビューワーを装備
プロテクトを着けなくても、ビューワーとして起動することができます。DXF、DM、SXF、SAFをイン
ポートしTraceMasterのテキスト形式に変換といった、変換ツールとしてもご利用になれます。
新しい製品構成
データの作成・編集部のCADをコアとして、観測部分をオプション化。重複したソフトが必要なく、貴社の業
務に応じた製品構成を選択することができます。
カスタマイズの事例
TraceMasterMultiXは、コマンド部分の一部をユーザーに開放しています。
これを利用して特殊なマークや線分を作成し登録することができます。合わせて特殊なDMコードとの組合せも
可能で、様々なデータ作成に利用することができます。
 
道路台帳DM用に、道路起終点記号やデリネータなど、台帳項目の旗上げや幅員線など自在なコマンドの作成が
可能です。
カスタマイズ1

   
SXF出力を目的としたレイヤーの自動振分など、コマンドとレイヤーの組合せも自由に行うことができます。
カスタマイズ2
オプションソフト

関連資料